ウォーターサーバーのメンテナンス(定期交換)について

弊社は半導体デバイス製造に35年以上携わっており、食品工場とは一味違うクリーン管理ノウハウを保有しています。
このノウハウをサーバーメンテナンス工場にも取り入れ、汚染作業と非汚染作業を完全に分離し、先端機器を導入するなど、お客様に安心をお届けするよう改良、改善に努めています。
大型掃除機で粗掃除

お客様から回収したサーバーは受け入れ委検査後、カバーを等を取り外し、大型掃除機で粗掃除を行います。

 
超音波洗浄(業界初の導入) 超音波洗浄
超音波洗浄(業界初の導入)
分解したパーツをクリーンルームに搬入し、大型の超音波発信機を使って超音波洗浄を行います。
ブラシ等では取り除けない細部のゴミも超音波のエネルギーで簡単に浮き上がり、流水洗浄で取り除けます。
 
再組立 再組立
 
自動殺菌ライン 自動殺菌ライン
微酸性電解水による流水殺菌を行います

当社のサーバーメンテナスラインは完全にドライ環境、床面が濡れた状態ではカビの発生など汚染の原因になります。
 
水道水による流水洗浄 一定時間流水殺菌後、水道水による流水洗浄を行います
 
動作試験 殺菌洗浄後、電源を接続し動作試験を行います。
写真は水温を測定しているところです。
 
梱包待ちのサーバー 全てのメンテナンス作業が終わり、梱包待ちのサーバー。
 
個々のサーバーにはメンテナンス記録が取られ、データベースで1台ずつ履歴管理されています。
 
梱包作業 梱包作業

新品と同一の梱包仕様で包装します。
 
梱包完 梱包完
このページの先頭へ